2007年01月15日

寒中お見舞い申し上げます&今年の漢字2007予想

img2_w37.jpg
あけましておめでとうございます、と挨拶してよい時期も過ぎてしまい途方に暮れて寒中お見舞い。
月一回ペースも難しいくなっていますが、小ネタはたまる一方です。今年の目標は月一更新!決意表明のための「ウェブ書き初め」みたいな機能が欲しくなってきました・・・(って、思ってたらコチラに発見)

さて雑誌記事に絡むのもあれですが、
「ちょいワルがモテる」はインチキだ (ゲンダイネット)
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/15gendainet05017469/)より

若い世代の男は感覚だけで小泉支持が多かったが、私の周りや団塊世代は、『人生いろいろ』『心の問題』なんていう人間のうさん臭さが分かっている。『同世代と話しても刺激がない』と言う若い女性にオヤジの経験を素直に聞かせてやればいいのです

( ´−`) ・・・なんなんだろうこれは。2chでチラッと除いたスレにて脱力。

「凡俗ではない」存在に、鼻の下のばしたどうしようもない俗物がケチをつけている構図。信念の無い凡俗ポピュリストに政治生命をかけての解散総選挙(ギャンブル)などできるわけがないのに。「感覚」で相手を見誤っているのはどこのどいつだ?
いい年こいて「女性が本気で寄ってくるのは、仕事とカネに余裕ができる50歳になってから」などという台詞を公器で垂れ流せる神経がしれないけれど、中年や高齢者が経年「劣化」していると感じるのはhaidarakenekoだけでしょうか?

いや、これも所詮、印象論と過剰な一般化か。
チラシの裏に呟いておきます。
要点は、対抗的メディア(多分、その代表格たる「週刊金曜日」)には、こんなのしか存在してないのか、というガックリ感のほうにあります。
これも話題が古くなりますが「今年の漢字2006」を導きの糸に、以下、このガックリ&不安感について久々の長文。


続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

規制&補助金&怠慢の三点セットそろった農業をさらにシャブ漬けにする案について

小沢先生.jpg
寝てたので直接報道されたのを見たわけじゃないんだけど、ミンス党の小沢先生が対自民の政策案として農政改革を打ち出したらしい。その中身が奮っている
『小沢代表 基本政策に農政改革』(NHKニュース)
この中では、農産物の輸入自由化を進める一方で、食料自給率100%をめざし、生産の規模にかかわらず農家の所得を一定程度保障するなど、農業全体に対する資金面での支援拡充策を盛り込む方向で調整しています。

明日の日経(&散人ブログ)で「あんたバカァ?!」的論評が載ることに100ペリカ。政治がコネクションの多寡じゃなくて政策案で競いあうようになるのは望ましいことなんだろうけど、だからって奇を衒って衆目を集めればいい、というものではないわけです先生。いや、やっぱりこれが小沢先生の限界なのかもしれないけれど。
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

民社党とブログと、見切り発車と。

nihonnkokki.jpg
今年は戌年なんだと言われ、そろそろ猫年も作ってやってくださいよと思う新春。途中でほっぽり出した『フルーツバスケット』の続きが読みたくなってます。何巻まで読んだっけ?

で新年早々、去年書いたエントリの後始末ですよ。
切ないなあ・・・。

続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

「世界は『弱肉強食』なんかじゃないということ」エントリの補足 コメントへ欄への返答もかねて

papa-2.jpg

コチラのキーワードについての、おとといのエントリにコメントをいただきました。

>jackさん

まずは長大なコメント有り難うございます。感謝感謝〜。正直、長文エントリに反応ゼロだと淋しいのでー(;´Д`)

で返答を書いたらこれまた長文になりかけたので別エントリにしてみました。
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

世界は「弱肉強食」なんかじゃないということ
弱者論のポリティクスとその限界

papa-2.jpg

それはちょっと違うんじゃないか、っていうはてなダイアリーのキーワードに遭遇。
新自由主義」。ったく誰が書いてんだ、って思ったら霞ヶ関官僚日記のkanryo氏でした。うひゃああああ。
畏れ多いんだけど、コメントしてみる。


ひっかかったのは、説明の最後の部分(12/5日現在)。「新自由主義」的な政治経済体制ができあがってくる歴史的経緯について説明されたあと、ふいに挿入されたその一言

市場は弱肉強食の世界なので、新自由主義によって強者と弱者への二極分解が進むことも否定できない。


ここんところ。続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 19:57| Comment(19) | TrackBack(0) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

「ま、犯した犯罪からすれば、そのくらいは誤解されても仕方がないかもしれませんが」発言について

yomiuri.jpg

えー。

死んでいいよ。


『読売ウィークリー』編集部のブログ「格闘する読売ウイークリー編集部」のコチラのエントリ「いったいどうなっているのか」から。


続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 23:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

社員の犯罪について企業は謝罪すべきか?!
NHK記者放火事件について(その二)

20051106syazaikigyou.jpg

前のエントリは徹夜明けの勢いで書いちゃったので、お口の行儀がたいへんよろしくないわけです。そこで、もう少し冷静になって、その後の報道とか他のブログでの取り扱いとかを見渡しながら考えてみた。まあ恥さらしに前記事は修正せず、あらたなエントリにします。

果たして、NHK記者放火事件によるNHK批判は妥当なのか?企業とその従業員。責任の所在と企業の対応すべき範囲。なんかこれまで微妙に疑問だったものを、今回の報道を見て文字にして考えてみることができるようになった。
今回はその続き。
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 01:29| Comment(2) | TrackBack(6) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

社員の犯罪について企業は謝罪すべきか?!
NHK記者放火事件について

20051106syazaikigyou.jpg
なにかおかしい。
何か、ものすごく引っかかってしょうがない。

Yahooの
<NHK記者逮捕>視聴者の不信感に再び火
繋がらない場合は
毎日の元記事

いや、ちょっと待て。NHK関係ないジャン。

たしかに放火犯はNHKの社員だった。
でもNHKが放火犯だったわけじゃない。

続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 09:36| Comment(6) | TrackBack(10) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

障害者自立支援法とその周辺
権利闘争「以後」についてのメモ(上)

ziritsuhouan.jpg

さる10月31日「障害者自立支援法」が衆議院で可決、成立しました。施行は来年4月からだそうです。

コチラによると、その目的は
1.複雑な福祉制度を一本化すること
2.障害者に公正な利用料負担を求めることによる、障害者の消費者としての意識向上
3.それによる障害者の自立促進

なんてことが掲げられている。

一方で、これは財政負担軽減を目的とした障害者の負担増以外の何ものでもないっ!という意見もあって、郵政民営化や組閣の話に霞んじゃった感はあれ、滝川クリステル嬢も心配なさっておいでです。(当エントリは決して上の写真を載せたくて書かれたモノではございません)

ただ、それらの一連の批判的反応をつらつら眺めていて思ったのは、「公共体が元締めの社会福祉」そのものが孕む危うさとか脆さへの認識が、みんなあんまりないんじゃないかなってことだ。
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

民社党復活クル━━━━(´・ω・`)━━━━????? 約束としての愛国分配派再来 その一

nihonnkokki.jpg

圏外からのひとことさん経由で知りました。

まとめサイトをさらにヒトコトで纏めると、2chの有志発、民主党の党員になって反日議員を追い出し、「愛国」と「分配」を党是に自民党に対抗できる民主党を作る計画。

ってゆーか、これって民主党の名前のまま民社党に脱皮するってことじゃん、と思ったのは灰だらけ猫だけじゃないはず。

まあね。こーゆーのはアレです。現代の政治経済状況からすれば、降水確率70パーセントくらいでありうる話。政治ネタは専門家クラスのbloggerさんに任せりゃいいわけで、わざわざ雑文をアップするのもどうかと思いましたが、お暇な方はおつきあい下さい。

ポイントは、民社党の核たる理念が「愛国」と「分配」であること。
そして、これらを求めざるをえない人達の集団が今、行き場を失っていて、その数が今後とも益々増えそうだってことです。
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。