2005年12月04日

「商品性のなさ」+「プリンタ型収益モデル」で素人が顕示的消費のためのマネジメントを考る

wearableright.jpg
携帯電話のケースを買いに行った家電量販店にて。ジャケットのデザインに惹かれました。
どうやら今年度のグッドデザイン賞を受賞している模様。コチラの主催者さんによるブログも参照。
千円ばかりの日用家電をジャケ買いさせた東芝電池に拍手です。
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 20:24| Comment(4) | TrackBack(0) | ほしいものねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

風景の未来・電柱の未来? その二

sunset.jpg

前回は前口上もかねて日本人の原風景ってのは自然豊かな農村なんかじゃなくて、実は、見た目が無機質だとか景観の邪魔だとか非難されている「電柱」の在る風景なんじゃないかと論じてみた。

そして今その電柱が、それほど意味のあるのか無いのか分かんない理由で莫大な予算をかけて不可視化されつつあること、反電柱派は市井のみならず国家行政の中枢で「無電柱化」プロジェクトを進めていることを確認した。
じゃあ電柱が好きな人、電柱のある光景に懐かしみを感じてしまう人、電柱こそ美しいのだと思う人達はどうしたらいいんだろう。
その答えは、電柱が好きでも嫌いでもない人達を、ひいては反電柱派も説得可能な価値を電柱に見いだすことにある。

今日はその続き。電柱の未来やいかに!?
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ほしいものねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

風景の未来・電柱の未来? その一

sunset.jpg

「日本人の原風景」という枕詞に続くのは、清流のそそぐ田園や四季に色づいた里山と相場が決まっている。

広辞苑を引いてみると「原風景」とは
心象風景の中で、原体験を想起させるイメージ。
らしい。

でも、それなら都市部で生まれ育ったり、ファミコン以降の世代にとって農村風景が「原体験」に関わってくるパーセンテージは格段に下がるはずだ。「原風景」=「農村」図式が成り立ちうる日本人は多分そんなに多くなくて、そしてこれから益々減少する傾向にあるんじゃないかな?「原風景」=「農村」だと思いこんでいる都市部出身者は記憶力が足りないし、きっと、それは共同幻想に違いない (σ・Д・)σシテキ!

じゃあ、日本人全般に当てはまるような、「普遍的な」原風景なんてありえないのかって言われると、いや、そんなことはないと思う。

「日本人の原風景」は実在する。雨の日も風の日も、老若男女、地方出身者も都市出身者も、あらゆる日本人にとって普遍なる「見慣れた」、ランドスケープ。

そう、それは「電柱」である!

続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ほしいものねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

ハミガキ粉進化論

toothbrush.jpg

ハミガキ粉のCMには、、どうしていつも朝日が差し込んでるんだろう。一日二回歯磨きするとしたら、その半分は寝る前のはずなのに。「ドリエル」を飲みつつ、織田裕二が元気よく宣伝してるハミガキ粉を使うとすれば、それはアンタ矛盾してますよ。

実は不眠症の原因(の一つ)ってハミガキ粉にあるんじゃないかなー?
確かに清潔感が口中に残るのはいい。でも、それが必ずしもメンソールの過剰な清涼感とか塩っぱさでなければならない理由はないはずだと思う。
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(1) | ほしいものねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ほしいもの」はじめました。 場末のブログで「誰かこんなん創ってよっ!」って叫んでみるエントリ

このカテゴリでは筆者灰だらけ猫が欲しいなーって思ったもの、考えたものを徒然とアップしてゆきます。

続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 00:23| Comment(4) | TrackBack(0) | ほしいものねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。