2007年09月11日

いろいろなものが無くなってゆく

京都新聞によると草津シネマハウスがこの9月末で閉館とのこと。
それほど頻繁に通ったわけではないのですが、あの独特の雰囲気と品のある館内は好きでした。


初めて来館したのは、ビレ・アウグスト監督の『レ・ミゼラブル』。高校受験直後の開放感一杯の中、あまり明るく楽しい作品ではなかったものの、今も主人公がセーヌ川岸を歩くラストシーンが印象に残っています。深作欣二監督の『バトルロワイヤル』は県内では草津シネマハウスしか上映しておらず、二週連続で観に行きました。スクリーンは小さかったものの、座席との距離が近く、おまけに客席数も少ないために観客同士の盛り上がりが自然と共有される空間でした。


閉館は、シネコン普及の波に押されてのことと伝えられています。けれどシネコンの、あのポップコーン臭のまとわりついた館内がどうしても好きになれない一人として、品のある映画館が少なくなることが残念でなりません。というか臭いのしないポップコーンを早く発明して欲しい・・・


10代の頃に比べれば映画も見なくなったけれど、いつかまた授業や仕事をサボって、草津シネマハウスのような映画館にフけたいものです。
posted by 灰だらけ猫 at 01:51| Comment(39) | TrackBack(5) | 日記ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。