2007年01月15日

寒中お見舞い申し上げます&今年の漢字2007予想

img2_w37.jpg
あけましておめでとうございます、と挨拶してよい時期も過ぎてしまい途方に暮れて寒中お見舞い。
月一回ペースも難しいくなっていますが、小ネタはたまる一方です。今年の目標は月一更新!決意表明のための「ウェブ書き初め」みたいな機能が欲しくなってきました・・・(って、思ってたらコチラに発見)

さて雑誌記事に絡むのもあれですが、
「ちょいワルがモテる」はインチキだ (ゲンダイネット)
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/15gendainet05017469/)より

若い世代の男は感覚だけで小泉支持が多かったが、私の周りや団塊世代は、『人生いろいろ』『心の問題』なんていう人間のうさん臭さが分かっている。『同世代と話しても刺激がない』と言う若い女性にオヤジの経験を素直に聞かせてやればいいのです

( ´−`) ・・・なんなんだろうこれは。2chでチラッと除いたスレにて脱力。

「凡俗ではない」存在に、鼻の下のばしたどうしようもない俗物がケチをつけている構図。信念の無い凡俗ポピュリストに政治生命をかけての解散総選挙(ギャンブル)などできるわけがないのに。「感覚」で相手を見誤っているのはどこのどいつだ?
いい年こいて「女性が本気で寄ってくるのは、仕事とカネに余裕ができる50歳になってから」などという台詞を公器で垂れ流せる神経がしれないけれど、中年や高齢者が経年「劣化」していると感じるのはhaidarakenekoだけでしょうか?

いや、これも所詮、印象論と過剰な一般化か。
チラシの裏に呟いておきます。
要点は、対抗的メディア(多分、その代表格たる「週刊金曜日」)には、こんなのしか存在してないのか、というガックリ感のほうにあります。
これも話題が古くなりますが「今年の漢字2006」を導きの糸に、以下、このガックリ&不安感について久々の長文。


続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。