2007年09月11日

いろいろなものが無くなってゆく

京都新聞によると草津シネマハウスがこの9月末で閉館とのこと。
それほど頻繁に通ったわけではないのですが、あの独特の雰囲気と品のある館内は好きでした。


初めて来館したのは、ビレ・アウグスト監督の『レ・ミゼラブル』。高校受験直後の開放感一杯の中、あまり明るく楽しい作品ではなかったものの、今も主人公がセーヌ川岸を歩くラストシーンが印象に残っています。深作欣二監督の『バトルロワイヤル』は県内では草津シネマハウスしか上映しておらず、二週連続で観に行きました。スクリーンは小さかったものの、座席との距離が近く、おまけに客席数も少ないために観客同士の盛り上がりが自然と共有される空間でした。


閉館は、シネコン普及の波に押されてのことと伝えられています。けれどシネコンの、あのポップコーン臭のまとわりついた館内がどうしても好きになれない一人として、品のある映画館が少なくなることが残念でなりません。というか臭いのしないポップコーンを早く発明して欲しい・・・


10代の頃に比べれば映画も見なくなったけれど、いつかまた授業や仕事をサボって、草津シネマハウスのような映画館にフけたいものです。
posted by 灰だらけ猫 at 01:51| Comment(39) | TrackBack(5) | 日記ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

寒中お見舞い申し上げます&今年の漢字2007予想

img2_w37.jpg
あけましておめでとうございます、と挨拶してよい時期も過ぎてしまい途方に暮れて寒中お見舞い。
月一回ペースも難しいくなっていますが、小ネタはたまる一方です。今年の目標は月一更新!決意表明のための「ウェブ書き初め」みたいな機能が欲しくなってきました・・・(って、思ってたらコチラに発見)

さて雑誌記事に絡むのもあれですが、
「ちょいワルがモテる」はインチキだ (ゲンダイネット)
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/15gendainet05017469/)より

若い世代の男は感覚だけで小泉支持が多かったが、私の周りや団塊世代は、『人生いろいろ』『心の問題』なんていう人間のうさん臭さが分かっている。『同世代と話しても刺激がない』と言う若い女性にオヤジの経験を素直に聞かせてやればいいのです

( ´−`) ・・・なんなんだろうこれは。2chでチラッと除いたスレにて脱力。

「凡俗ではない」存在に、鼻の下のばしたどうしようもない俗物がケチをつけている構図。信念の無い凡俗ポピュリストに政治生命をかけての解散総選挙(ギャンブル)などできるわけがないのに。「感覚」で相手を見誤っているのはどこのどいつだ?
いい年こいて「女性が本気で寄ってくるのは、仕事とカネに余裕ができる50歳になってから」などという台詞を公器で垂れ流せる神経がしれないけれど、中年や高齢者が経年「劣化」していると感じるのはhaidarakenekoだけでしょうか?

いや、これも所詮、印象論と過剰な一般化か。
チラシの裏に呟いておきます。
要点は、対抗的メディア(多分、その代表格たる「週刊金曜日」)には、こんなのしか存在してないのか、というガックリ感のほうにあります。
これも話題が古くなりますが「今年の漢字2006」を導きの糸に、以下、このガックリ&不安感について久々の長文。


続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

「ひこにゃん」だそうです

hikonyan.jpg
国宝彦根城築城400年祭のマスコットキャラ「ひこにゃん」!

どう見ても、正体不明です。
彦根のセンスのよさに脱帽しました(・∀・)
実行委員会のブログで近況報告も見れるようです。「ひこにゃんパン」たべたいなあ。

ところで、最近コンビニの猫マンガ系雑誌が増えているような印象を受けます。
近くのセブンイレブンには、前にエントリを書いた「ねこだま」を筆頭に、「ねこのあくび」(ぶんか社)、「ねこといっしょ」(英知出版)など三〜四冊が並んでいます。店長さんの趣味とみた。
あと、それら全誌で掲載を持ってる「猫原ねんず(にゃんばらねんず)」さんの絵柄に惚れそうです。超売れっ子ですねー。

なんにせよ他のコンビニに行く回数が減りました。飛んで火にいる夏の虫でしょうか。







posted by 灰だらけ猫 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

パラサイトシングル猫の時代

neko.jpg
気になったニュースをひとつ
「猫にも職業訓練を」 ニート猫対策で中山大臣
中山文部科学大臣は14日、通学や仕事をせず、職業訓練も受けない若者「ニート」やフリーターが増えている問題について「猫社会にも働く意志を見せない『ニート猫』が増えているのは看過できない」と語り、今後猫向けの職業訓練などの施策を検討すると語った

(虚構新聞20050315)

なるほど中山大臣の指摘は正しい。ずっと疑問だったけれど喉につっかえてた一言をまさに言ってくれたカンジだ。人間が甘やかせれば甘やかすほど、いつまでたっても自立できない猫が増えていく。このままじゃあ将来的には生活保護費(えさ代)の国家負担額の増大要因となりかねない。なんなら、徴兵制を復活させて若年の猫に入隊を義務付けてはどうだろうか。厳しい環境に身をおくことで自らの責務を自覚するよう促されることが期待できる。




・・・・ (´-`).。oO(でも、ネズミ捕り商品が発達した時代に猫の実利的な存在意義って無くなってるような気が。やっぱり「働いたら負け」を体現し続けていくことが猫の存在意義なんだろうか。いや、そもそも「実利」の判断そのものが、人間側の恣意の産物なわけだし・・・・。
とゆうわけで、虚構新聞には時々考えされられます。


※なお、虚構新聞の嘘記事のように猫=ニートでは決してないことは須磨章さんのエッセイ&研究書『猫は犬より働いた』(柏書房)が詳しい。ちなみに柏書房のHPで連載されてたんですね。一部そちらで読めます。
こちらのレビューはまた、後ほど。
posted by 灰だらけ猫 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

世界報道写真展2006にいってきましたよ

wpp2006_003.gif
Todd Heisler © News

なかなか更新できない日々ですが、閉鎖はしてません!ネタ切れ、というわけでもないんですが(むしろ猫本レビューとか書き残しときたいことはそれなりに)、どうも時間がとれにゃい。ボチボチつづけてゆきます。

そこで、ひさびさのエントリになりますが、恵比寿の日本写真美術館で開催中の
世界報道写真展2006にいってきました。
主催はオランダのWorldPressPhoto。リンク先にも今年の受賞作品がちゃんと解説つきで掲載されてますが、会場の解説は日本語訳付きなので英語が得意でない方はより楽しめると思います。
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 20:42| Comment(18) | TrackBack(1) | 観たもの読んだものねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

規制&補助金&怠慢の三点セットそろった農業をさらにシャブ漬けにする案について

小沢先生.jpg
寝てたので直接報道されたのを見たわけじゃないんだけど、ミンス党の小沢先生が対自民の政策案として農政改革を打ち出したらしい。その中身が奮っている
『小沢代表 基本政策に農政改革』(NHKニュース)
この中では、農産物の輸入自由化を進める一方で、食料自給率100%をめざし、生産の規模にかかわらず農家の所得を一定程度保障するなど、農業全体に対する資金面での支援拡充策を盛り込む方向で調整しています。

明日の日経(&散人ブログ)で「あんたバカァ?!」的論評が載ることに100ペリカ。政治がコネクションの多寡じゃなくて政策案で競いあうようになるのは望ましいことなんだろうけど、だからって奇を衒って衆目を集めればいい、というものではないわけです先生。いや、やっぱりこれが小沢先生の限界なのかもしれないけれど。
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

『ねこだま』購入と野良猫雑感

nekodama2.jpg更新は、ボチボチになりましたが猫本は購入継続中。
今回は近くのセブンイレブンで猫マンガアンソロジー『ねこだま vol.2』あおば出版を発見!即購入!この発見→購入のプロセスは、猫が獲物を見つけたときみたいに俊敏だったはずです(゚∀゚)
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

いそがしす

気がついたら三ヶ月更新お休みしてました。うはっ。
生きてます。生きてます。

忙しさにかまけてサボっておりましたがボチボチ再開してゆこうと思います。
posted by 灰だらけ猫 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

花粉なんか死んじゃえ

mabatakineko1.jpg
猫がひなたぼっこしてました。すくっと背筋を伸ばしつつ、だんだん目蓋が閉じてうつらうつら〜と(´ω`)

で、ニュースを見てたらこんな記事が
花粉飛散は昨年の1割(読売新聞online)

いやっっほおおおおおうう!!!
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 20:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

民社党とブログと、見切り発車と。

nihonnkokki.jpg
今年は戌年なんだと言われ、そろそろ猫年も作ってやってくださいよと思う新春。途中でほっぽり出した『フルーツバスケット』の続きが読みたくなってます。何巻まで読んだっけ?

で新年早々、去年書いたエントリの後始末ですよ。
切ないなあ・・・。

続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

あけおめ

dotenoneko.jpg
あけましておめでとうございます。
昨年blogを開設して丸三ヶ月が過ぎ、だんだんblogというものが分かってきました。今年はもう少しマイペースにいこうと思います。まだまだ未熟者ですが、本年もよろしくお願いいたします。

写真は「2000ピクセル以上のフリー写真素材集」様よりお借りしています。こちらのニャンコのように気高くありたいものですね。

2006/01/06
haidarakeneko
posted by 灰だらけ猫 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

「貨幣の仕様書を作れ」というお題に答えて

moneysystem.jpg

年の瀬に本当はこんなことやってる時間は無いんだけど、はてなの、コチラの質問に答えてみました。だって質問がおもしろすぎるんですもの。

Q.貨幣の概念のない世界から、ひとりの女の子がやってきました(かわいくて理解力があります)。さてあなたは貨幣の仕様を作り、彼女がその後お金を使えるように教えてあげてください。

1、「貨幣」システムの仕様書を作成してください。
2、作成する上で考えたことや感想をコメント願います。

※UMLやマインドマップを使っていただくと分かりやすくてよいですが、箇条書きや文章でも可。
※仕様が込み入ると思いますので、全体像がムリであれば、自分で的を絞って設定してください。例えば「為替」「オークション」「貯金」など。
※難しいと思うので、完成度低くても仕方ないです。気軽にトライしてください。

続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

にーんげんっっていいなー♪

samui0s.jpg
写真はエルエルさんのコチラのエントリから。10才なのに毎日更新お疲れ様です。

とにかく二コマ目が何ともいえない。あのお互い見つめ合う視線とか。
ニャンコもいいですが、もう一方の丸くなって震えているワンコも何ともいえないいい味だしてます。
と、エアコンのガンガン効きまくっている部屋で雑文を書いている私は鬼畜でしょうか?

いいなー、いいなー。にーんげんっっていいなー♪続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

しっぽねこ

250px-Turkish_Van_Example21.jpg
私的猫図鑑の第四弾。
画像はウィキペディアより拝借。CriativeCommonsなんだよね。ありがたい。

相変わらず見た目はふわふわの冬用ネコですが、なんと泳ぐのが得意らしい。
世界にはいろんなネコがいるものです。
ということで「スイミングキャット」こと
ターキッシュ・バンTurkish Van

続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 19:30| Comment(20) | TrackBack(0) | にゃんこ学習ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル観ましたー

davidgail.jpg
英題『THE LIFE OF DAVID GALE』2003年公開。
一月ほど前にDVDで鑑賞。いまさら感想ですが、でもこれは書かずにはいられない。

「死刑制度がテーマ?重たそう・・」なんて躊躇っている人は是非観るべし。佳作のサスペンスドラマです。はいだらけネコはケビン・スペイシーのファンなんですが、彼が出てる作品は大抵間違いがないです。公開時はそれほどでもなかった『ユージュアル・サスペクツ』や『交渉人』がビデオやDVDでジワジワ人気を上げているのもそのためでやんす。
この作品ももっと話題になっていいはず。

あらすじ
大学の哲学教授にして死刑廃止運動の闘士デビット・ゲイル(ケビン・スペイシー)は、ある日同僚への殺人容疑で逮捕される。否認はしたものの、状況は完全にゲイルに不利なものだった。
皮肉にも死刑判決をうけた彼は、執行直前、週刊誌記者ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)の取材に応じる。そして、ゲイルは「真実」を語りはじめた・・・

続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(2) | 観たもの読んだものねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

「世界は『弱肉強食』なんかじゃないということ」エントリの補足 コメントへ欄への返答もかねて

papa-2.jpg

コチラのキーワードについての、おとといのエントリにコメントをいただきました。

>jackさん

まずは長大なコメント有り難うございます。感謝感謝〜。正直、長文エントリに反応ゼロだと淋しいのでー(;´Д`)

で返答を書いたらこれまた長文になりかけたので別エントリにしてみました。
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

世界は「弱肉強食」なんかじゃないということ
弱者論のポリティクスとその限界

papa-2.jpg

それはちょっと違うんじゃないか、っていうはてなダイアリーのキーワードに遭遇。
新自由主義」。ったく誰が書いてんだ、って思ったら霞ヶ関官僚日記のkanryo氏でした。うひゃああああ。
畏れ多いんだけど、コメントしてみる。


ひっかかったのは、説明の最後の部分(12/5日現在)。「新自由主義」的な政治経済体制ができあがってくる歴史的経緯について説明されたあと、ふいに挿入されたその一言

市場は弱肉強食の世界なので、新自由主義によって強者と弱者への二極分解が進むことも否定できない。


ここんところ。続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 19:57| Comment(19) | TrackBack(0) | 時事ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

「商品性のなさ」+「プリンタ型収益モデル」で素人が顕示的消費のためのマネジメントを考る

wearableright.jpg
携帯電話のケースを買いに行った家電量販店にて。ジャケットのデザインに惹かれました。
どうやら今年度のグッドデザイン賞を受賞している模様。コチラの主催者さんによるブログも参照。
千円ばかりの日用家電をジャケ買いさせた東芝電池に拍手です。
続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 20:24| Comment(4) | TrackBack(0) | ほしいものねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

生活臭いっぱいの猫

nekomannga.jpg

今日は愛さんのサイト『ネコサイト!』「ネコマンガ」のコーナーを紹介してみる。
見た目は猫漫画ですが、純粋猫漫画とかじゃないのは3話読めば分かりますね!

人間は猫よりも煩悩をさらけ出せる生き物かもしれないと思った今日この頃でした。





続きを読む
posted by 灰だらけ猫 at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。